2020/11/24
新型コロナウイルス感染者状況 11月24日
集中対策期間 : 11月17日〜27日
現在の北海道は[警戒ステージ4相当]
感染者の急増、及び医療提供体制における大きな支障の発生を避けるための対応が必要な段階。

北海道で、新型コロナウイルス感染が非常に大きな流行が起きています。患者一人ひとりが、緊張感を持って感染症対策に取り組むようようにお願いします。

*緊急行動対策
●札幌市
○感染リスクが回避できない場合 : 不要不急の外出自粛、道内他地域との不要不急の往来自粛。

●札幌を除く北海道全体
○感染リスクが回避できない場合 : 札幌市との不要不急の往来自粛。
○飲食時のリスク回避の徹底。

*透析患者さんへの行動対策
●毎日の体温測定と健康状態に注意してください。発熱や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、透析施設に必ず電話連絡をし、透析施設の指示に従ってください。
●外出時や通院時などマスクを着用してください。
●丁寧な手洗いとアルコール等による消毒、うがいをお願いします。
●不要不急の外出は避けてください。密閉・密集・密接の場も避け
てください。
●他県への移動など長距離の移動が必要になった場合には、事前に透析施設に相談し、透析施設の指示に従ってください。

*透析患者さんへの注意事項
透析患者さんも感染者が増えてきています。透析患者さんや免疫抑制剤服用者は感染すると[重症化]すると言われています。 感染防止のためには、一人ひとり自身の体は自分でしっかり守ることが 重要です。今一度、上記項目をチェックし、感染予防に取り組んで ください。十分に気をつけ感染対策を取って感染しないようにお願いします。通院以外の外出は控えて下さい。
明日からの3連休の外出はせずに家にいて下さい。


*緊急性の高い13の症状
1. 顔色が明らかに悪い。
2. 唇が紫色になっている。
3. いつもと違う、様子がおかしい。
4. 息が荒くなった。
5. 急に苦しくなった。
6. 生活をしていて少し歩くと息苦しい。
7. 胸の痛みがある。
8. 横になれない。座らないと息が出来ない。
9. 肩で息をしている。
10. 突然((2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた。
11. ぼんやりとしている(反応が悪い)。
12. もうろうとしている(返事がない)。
13. 脈がとぶ。脈のリズムが乱れる感じがする。

*感染リスクを高めやすい場面
1. 飲酒を伴う場面。
2. 仕事後や休憩時間。
3. 集団生活。
4. 激しい呼吸を伴う場面。
5. 野外での活動の前後。

*特別措置法に基づく協力要請
1. 発熱やせきがあるなど、体調が悪い場合に外出を控えること。
2. 飲酒を伴う場面、仕事後や休憩時間などの感染リスクを回避する行動を実践し、高齢者、基礎疾患のある方と接する場面においてマスクの着用を意識して行動して下さい。特に、札幌市内で徹底すること。
3. 『国の接触確認アプリ(COCOA)や『国のコロナ通知システム』の積極的な活用をお願いします。
4. テレワークの推進、時差出勤のさらなる活用などに協力をお願いして下さい。

*新北海道スタイル(北海道) プラス2
1. 今は距離を取って…。
2. 手を洗って下さい。
3. 咳エチケット。
4. 部屋の換気をしよう。
5. 3つの『密』をさけよう。
6. テイクアウトやデリバリーも…。
7. オンラインを上手に使おう。
8. いまは、小声で…。
9. 北海道コロナ感知システムと接触確認アプリ(COCOA)を活用しよう。

*新しい生活様式
●まめに手洗い・手指消毒を!
1. 家に帰ったら、まず手を洗おう。
2. 手洗いは30秒程度かけて、水と石けんで丁寧に!
●人との間隔はできるだけ空けよう!
1. できるだけ2m、最低1mは距離を取ろう!
●症状がなくてもマスクを着用しよう!
1. 外出時、屋内にいるときや会話をするときはマスクを!
●『3密』を回避しよう(密閉、密集、密接)
1. 換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面は避けよう!
●買い物は少人数ですばやく済まそう!
1. 1人または少人数ですいた時間に。
2. 計画をたてて素早く済ます。
3. レジに並ぶときは、前後にスペースを。
4. 電子決済も利用しよう!
●公共交通機関の利用
1. 会話は控えめに。
2. 混んでいる時間帯は避けて。
3. 徒歩や自転車利用も併用しよう。
●働き方の新しいスタイル
1. テレワークやローテーション勤務。
2. 時差通動でゆったりと。
3. 対面での打ち合わせは換気とマスク。
4. 在宅勤務しよう。時差出勤しよう。

*感染確認者数状況
◎日本
●感染確認者数 : 135.763名、前日比 : +1.229名
(クルーズ船、チャーター便帰国者 除く)
●重症者数 : 345名、前日比 : 名、重症者率 : 0.25%
●死亡者 : 2.010名、前日比 : +15名、死亡率 : 1.49%
●治療済 : 113.608名、前日比 : +236名
●全感染者に対する透析患者の感染率 :0.22%

◎日本国内の透析患者の感染確認者数
●感染者数 : 311名、前週比 : +14名
●転帰不明 : 145名、前週比 : +6名
●死亡者 : 45名、前週比 : +1名、死亡率 : 14.47%
◆備考 : 転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
[2020.11.13(金)8:00 現在]

◎北海道内
●感染確認者数 : のべ7.585名、前日比 : +216名
●重症者 : 19名、前日比 : ±0名、重症者率 : 0.25%
●再陽性患者 : 24名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 149名、前日比 : +6名、死亡率 : 1.96%
●現在患者数 : 2.359名、前日比 : +52名
●現在入院患者数 : 集計中、前日比 : +名
●宿泊療養施設入所者 : 集計中、前日比 : +名
●治療済 : のべ5.068名、前日比 : +158名
●PCR検査数 : 2.387名
●陽性率 : 9.0%
●先週一週間との比較 : 増加(1.417人)
●感染経路不明割合 : 37.1%

◎札幌市
●感染確認者数 : のべ5.178名、前日比 : +165名
●重症者 : 13名、前日比 : ±0名、重症者率 : 0.25%
●再陽性患者 : 13名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 79名、前日比 : +4名、死亡率 : 1.53%
●現在患者数 : 1.518名、前日比 : +83名
●治療済 : のべ3.581名、前日比 : +78名
●PCR検査数 : 1.397名
●陽性率 : 11.8%

◎北海道・東北地区の透析患者感染確認者数
●感染者数 : 9名、前週比 : ±0名
●転帰不明 : 3名、前週比 : -2名
●死亡者 : 0名、前週比 : ±0名、死亡率 : 0%
[2020.11.13(金) 8:00現在]
◆備考
●転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
●北海道・東北地区 = 北海道、青森県、岩手県、宮城,秋田,山形,福島。

*本日の北海道内の再陽性者
いません。

*本日の北海道内の死亡者
新型コロナウイルスに感染していた、道は年代・性別が非公表の1人、札幌市では80代の女性、60代の男性と90代の男女、旭川市も、これまでに感染が確認されていた70代の女性の死亡が確認されました。

*本日の北海道内・札幌市
の新規感染確認者
新型コロナウイルスに感染したのは、北海道216人、うち札幌市は165人です。

●感染が確認されたのは、札幌市の160人と、居住地が非公表の5人の、合わせて168人、旭川市の13人、小樽市の1人、石狩地方の21人、十勝地方の6人、上川地方の3人、釧路地方の2人、空知地方の1人、後志地方の1人、渡島地方の1人、桧山地方の1人、宗谷地方の1人の216人です。

●札幌市のサービス付き高齢者住宅で、40代から100代の入居者8人と利用者1人と従業員4人の13人の感染が確認されました。札幌市では91例目のクラスターと認定しました。
●札幌市の札幌北陵高等学校の生徒13人教職員1人の14人の感染が確認されました。札幌市では92例目のクラスターと認定しました。
●札幌市の医療機関の20代から80代の入院患者26人職員9人の35人感染が確認されました。札幌市で93例目のクラスターと認定しました。札幌市は感染拡大の恐れのある期間の濃厚接触した222人(入院患者72、職員150)を特定できているとして、医療機関名は非公表としています。現在新規の外来診療、新規の入院受け入れを休止しています。
●北海道教育委員会は、札幌東高校、札幌稲雲高校、札幌工業高校、北広島高校、千歳高校の5つの道立高校で生徒の感染が確認されました。
●札幌市立東光小学校、札幌市立羊丘中学校の生徒2人の感染が確認されました。
●札幌市立光陽小学校の教職員の感染が確認されました。
●札幌市中央区の繁華街すすきのの"夜の街"関連の感染者は156店舗543人です。

自身や、自身の大切な人を守るために注意事項を守って下さい。

道民の皆さんは、感染予防対策を徹底して感染しないようにしましょう。

(2020.11.24(火)19:50)
2020/11/23
新型コロナウイルス感染者情報 11月23日
集中対策期間 : 11月17日〜27日
現在の北海道は[警戒ステージ4相当]
感染者の急増、及び医療提供体制における大きな支障の発生を避けるための対応が必要な段階。

北海道で、新型コロナウイルス感染が非常に大きな流行が起きています。患者一人ひとりが、緊張感を持って感染症対策に取り組むようにお願いします。

*緊急行動対策
●札幌市
○感染リスクが回避できない場合 : 不要不急の外出自粛、道内他地域との不要不急の往来自粛。

●札幌を除く北海道全体
○感染リスクが回避できない場合 : 札幌市との不要不急の往来自粛。
○飲食時のリスク回避の徹底。

*透析患者さんへの行動対策
●毎日の体温測定と健康状態に注意してください。発熱や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、透析施設に必ず電話連絡をし、透析施設の指示に従ってください。
●外出時や通院時などマスクを着用してください。
●丁寧な手洗いとアルコール等による消毒、うがいをお願いします。
●不要不急の外出は避けてください。密閉・密集・密接の場も避け
てください。
●他県への移動など長距離の移動が必要になった場合には、事前に透析施設に相談し、透析施設の指示に従ってください。

*透析患者さんへの注意事項
透析患者さんも感染者が増えてきています。透析患者さんや免疫抑制剤服用者は感染すると[重症化]すると言われています。 感染防止のためには、一人ひとり自身の体は自分でしっかり守ることが 重要です。今一度、上記項目をチェックし、感染予防に取り組んで ください。十分に気をつけ感染対策を取って感染しないようにお願いします。通院以外の外出は控えて下さい。
明日からの3連休の外出はせずに家にいて下さい。


*緊急性の高い13の症状
1. 顔色が明らかに悪い。
2. 唇が紫色になっている。
3. いつもと違う、様子がおかしい。
4. 息が荒くなった。
5. 急に苦しくなった。
6. 生活をしていて少し歩くと息苦しい。
7. 胸の痛みがある。
8. 横になれない。座らないと息が出来ない。
9. 肩で息をしている。
10. 突然((2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた。
11. ぼんやりとしている(反応が悪い)。
12. もうろうとしている(返事がない)。
13. 脈がとぶ。脈のリズムが乱れる感じがする。

*感染リスクを高めやすい場面
1. 飲酒を伴う場面。
2. 仕事後や休憩時間。
3. 集団生活。
4. 激しい呼吸を伴う場面。
5. 野外での活動の前後。

*特別措置法に基づく協力要請
1. 発熱やせきがあるなど、体調が悪い場合に外出を控えること。
2. 飲酒を伴う場面、仕事後や休憩時間などの感染リスクを回避する行動を実践し、高齢者、基礎疾患のある方と接する場面においてマスクの着用を意識して行動して下さい。特に、札幌市内で徹底すること。
3. 『国の接触確認アプリ(COCOA)や『国のコロナ通知システム』の積極的な活用をお願いします。
4. テレワークの推進、時差出勤のさらなる活用などに協力をお願いして下さい。

*新北海道スタイル(北海道) プラス2
1. 今は距離を取って…。
2. 手を洗って下さい。
3. 咳エチケット。
4. 部屋の換気をしよう。
5. 3つの『密』をさけよう。
6. テイクアウトやデリバリーも…。
7. オンラインを上手に使おう。
8. いまは、小声で…。
9. 北海道コロナ感知システムと接触確認アプリ(COCOA)を活用しよう。

*新しい生活様式
●まめに手洗い・手指消毒を!
1. 家に帰ったら、まず手を洗おう。
2. 手洗いは30秒程度かけて、水と石けんで丁寧に!
●人との間隔はできるだけ空けよう!
1. できるだけ2m、最低1mは距離を取ろう!
●症状がなくてもマスクを着用しよう!
1. 外出時、屋内にいるときや会話をするときはマスクを!
●『3密』を回避しよう(密閉、密集、密接)
1. 換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面は避けよう!
●買い物は少人数ですばやく済まそう!
1. 1人または少人数ですいた時間に。
2. 計画をたてて素早く済ます。
3. レジに並ぶときは、前後にスペースを。
4. 電子決済も利用しよう!
●公共交通機関の利用
1. 会話は控えめに。
2. 混んでいる時間帯は避けて。
3. 徒歩や自転車利用も併用しよう。
●働き方の新しいスタイル
1. テレワークやローテーション勤務。
2. 時差通動でゆったりと。
3. 対面での打ち合わせは換気とマスク。
4. 在宅勤務しよう。時差出勤しよう。

*感染確認者数状況
◎日本
●感染確認者数 : 134.634名、前日比 : +1.519名
(クルーズ船、チャーター便帰国者 除く)
●重症者数 : 331名、前日比 : +8名、重症者率 : %
●死亡者 : 1.995名、前日比 : +名、死亡率 : 1.51%
●治療済 : 112.269名、前日比 : +2.513名
●全感染者に対する透析患者の感染率 :0.22%

◎日本国内の透析患者の感染確認者数
●感染者数 : 335名、前週比 : +24名
●転帰不明 : 167名、前週比 : +6名
●死亡者 : 45名、前週比 : +0名、死亡率 : 13.4%
◆備考 : 転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
[2020.11.20(金)8:00 現在]

◎北海道内
●感染確認者数 : のべ7.369名、前日比 : +206名
●重症者 : 22名、前日比 : +3名、重症者率 : 0.29%
●再陽性患者 : 24名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 143名、前日比 : +3名、死亡率 : 1.94%
●現在患者数 : 2.143名、前日比 : +名
●現在入院患者数 : 集計中、前日比 : +名
●宿泊療養施設入所者 : 集計中、前日比 : +名
●治療済 : のべ4.629名、前日比 : +名
●PCR検査数 : 3.185名
●陽性率 : 7.3%
●先週一週間との比較 : 増加(人)
●感染経路不明割合 :  %

◎札幌市
●感染確認者数 : のべ4.720名、前日比 : +140名
●重症者 : 13名、前日比 : ±0名、重症者率 : 0.27%
●再陽性患者 : 13名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 75名、前日比 : +1名、死亡率 : 1.58%
●現在患者数 : 1.435名、前日比 : -名
●治療済 : のべ3.322名、前日比 : +名
●PCR検査数 : 1.283名
●陽性率 : 11.0%

◎北海道・東北地区の透析患者感染確認者数
●感染者数 : 9名、前週比 : ±0名
●転帰不明 : 3名、前週比 : -2名
●死亡者 : 0名、前週比 : ±0名、死亡率 : 0%
[2020.11.13(金) 8:00現在]
◆備考
●転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
●北海道・東北地区 = 北海道、青森県、岩手県、宮城,秋田,山形,福島。

*本日の北海道内の再陽性者
いません。

*本日の北海道内の死亡者
新型コロナウイルスに感染していた、札幌市の90代男性2人、旭川市では80代男性1人の死亡が確認されました。

*本日の北海道内・札幌市の新規感染確認者数
新たに感染が確認されたのは、北海道206人、うち札幌市は140人です。

●感染が確認されたのは、札幌市140人、函館市3人、旭川市22人、空知地方5人、石狩地方11人、後志地方1人、胆振地方3人、渡島地方2人、オホーツク地方3人、日高地方1人、十勝地方10人、釧路地方4人、道が発表した函館市の1人の計206人です。

●札幌市によりますと、市内で88例目のクラスターが起きたのは運輸業者で、50代から60代の従業員合わせて5人の感染が確認されています。いずれも症状は軽いか無症状だということです。また、市内で89例目のクラスターが起きた有料老人ホームでは、40代から90代の入所者合わせて5人の感染が確認されています。
●クラスター=感染者の集団が発生している市立釧路総合病院で23日、新たに看護師1人の感染が確認され、この病院での感染者は合わせて17人になりました。
●十勝の清水町は町の職員6人が新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
●旭川市によりますと、23日に感染の確認が発表された人のうち10人はクラスターが発生している「吉田病院」の患者や看護師などで、これでこの病院での感染者は合わせて104人になりました。
また、7人は22日にクラスターの発生が発表された「旭川厚生病院」の患者と医師、看護師で、この病院での感染者は合わせて39人になりました。
●札幌市保健所によりますと、クラスターが発生している手稲区にある「タナカメディカル札幌田中病院」に関係する感染者が23日に新たに10人確認されたということです。これでこの病院に関連する感染者は職員18人と患者62人の合わせて80人になりました。
●札幌市教育委員会は市内の小学校と高校、幼稚園で児童と生徒など合わせて4人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。
感染が確認されたのは、▼南区の「真駒内桜山小学校」で児童2人、▼北区の「新川高校」で生徒1人、▼西区の「はまなす幼稚園」の20代女性の教職員1人の合わせて4人です。
●道によりますと、新たに感染が確認された人のうち1人はクラスターが発生している滝川市の滝川中央病院の職員だということです。
これでこの病院のクラスターに関連する感染者は入院患者23人と職員4人の合わせて27人になりました。
●道によりますと、新たに感染が確認された人のうち2人はクラスターが発生している江別市の北海道消防学校の学生だということです。
これでこの学校のクラスターに関連する感染者は合わせて9人になりました。
●道によりますと、新たに感染が確認された人のうち1人はクラスターが発生している新ひだか町の日高徳洲会病院の入院患者だということです。
これでこの病院のクラスターに関連する感染者は入院患者と職員合わせて6人になりました。
●ジェイ・アール北海道バスは22日までに新たに4人の社員が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
【JRタワーの飲食店従業員 感染】
JR札幌駅の複合施設「JRタワー」を管理する札幌駅総合開発は、商業スペースにある飲食店の従業員1人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
●札幌駅総合開発によりますと、感染が確認されたのは「パセオ」の飲食店「Thai’s」で調理業務を担当していた従業員1人です。
自身や、自身の大切な人を守るために注意事項を守って下さい。

道民の皆さんは、感染予防対策を徹底して感染しないようにしましょう。

(2020.11.23(月)19:50)

2020/11/21
新型コロナウイルス感染者状況 11月21日
集中対策期間 : 11月17日〜27日
現在の北海道は[警戒ステージ4相当]
感染者の急増、及び医療提供体制における大きな支障の発生を避けるための対応が必要な段階。

北海道で、新型コロナウイルス感染が非常に大きな流行が起きています。患者一人ひとりが、緊張感を持って感染症対策に取り組むようようにお願いします。

*緊急行動対策
●札幌市
○感染リスクが回避できない場合 : 不要不急の外出自粛、道内他地域との不要不急の往来自粛。

●札幌を除く北海道全体
○感染リスクが回避できない場合 : 札幌市との不要不急の往来自粛。
○飲食時のリスク回避の徹底。

*透析患者さんへの行動対策
●毎日の体温測定と健康状態に注意してください。発熱や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、透析施設に必ず電話連絡をし、透析施設の指示に従ってください。
●外出時や通院時などマスクを着用してください。
●丁寧な手洗いとアルコール等による消毒、うがいをお願いします。
●不要不急の外出は避けてください。密閉・密集・密接の場も避け
てください。
●他県への移動など長距離の移動が必要になった場合には、事前に透析施設に相談し、透析施設の指示に従ってください。

*透析患者さんへの注意事項
透析患者さんも感染者が増えてきています。透析患者さんや免疫抑制剤服用者は感染すると[重症化]すると言われています。 感染防止のためには、一人ひとり自身の体は自分でしっかり守ることが 重要です。今一度、上記項目をチェックし、感染予防に取り組んで ください。十分に気をつけ感染対策を取って感染しないようにお願いします。通院以外の外出は控えて下さい。
明日からの3連休の外出はせずに家にいて下さい。


*緊急性の高い13の症状
1. 顔色が明らかに悪い。
2. 唇が紫色になっている。
3. いつもと違う、様子がおかしい。
4. 息が荒くなった。
5. 急に苦しくなった。
6. 生活をしていて少し歩くと息苦しい。
7. 胸の痛みがある。
8. 横になれない。座らないと息が出来ない。
9. 肩で息をしている。
10. 突然((2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた。
11. ぼんやりとしている(反応が悪い)。
12. もうろうとしている(返事がない)。
13. 脈がとぶ。脈のリズムが乱れる感じがする。

*感染リスクを高めやすい場面
1. 飲酒を伴う場面。
2. 仕事後や休憩時間。
3. 集団生活。
4. 激しい呼吸を伴う場面。
5. 野外での活動の前後。

*特別措置法に基づく協力要請
1. 発熱やせきがあるなど、体調が悪い場合に外出を控えること。
2. 飲酒を伴う場面、仕事後や休憩時間などの感染リスクを回避する行動を実践し、高齢者、基礎疾患のある方と接する場面においてマスクの着用を意識して行動して下さい。特に、札幌市内で徹底すること。
3. 『国の接触確認アプリ(COCOA)や『国のコロナ通知システム』の積極的な活用をお願いします。
4. テレワークの推進、時差出勤のさらなる活用などに協力をお願いして下さい。

*新北海道スタイル(北海道) プラス2
1. 今は距離を取って…。
2. 手を洗って下さい。
3. 咳エチケット。
4. 部屋の換気をしよう。
5. 3つの『密』をさけよう。
6. テイクアウトやデリバリーも…。
7. オンラインを上手に使おう。
8. いまは、小声で…。
9. 北海道コロナ感知システムと接触確認アプリ(COCOA)を活用しよう。

*新しい生活様式
●まめに手洗い・手指消毒を!
1. 家に帰ったら、まず手を洗おう。
2. 手洗いは30秒程度かけて、水と石けんで丁寧に!
●人との間隔はできるだけ空けよう!
1. できるだけ2m、最低1mは距離を取ろう!
●症状がなくてもマスクを着用しよう!
1. 外出時、屋内にいるときや会話をするときはマスクを!
●『3密』を回避しよう(密閉、密集、密接)
1. 換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面は避けよう!
●買い物は少人数ですばやく済まそう!
1. 1人または少人数ですいた時間に。
2. 計画をたてて素早く済ます。
3. レジに並ぶときは、前後にスペースを。
4. 電子決済も利用しよう!
●公共交通機関の利用
1. 会話は控えめに。
2. 混んでいる時間帯は避けて。
3. 徒歩や自転車利用も併用しよう。
●働き方の新しいスタイル
1. テレワークやローテーション勤務。
2. 時差通動でゆったりと。
3. 対面での打ち合わせは換気とマスク。
4. 在宅勤務しよう。時差出勤しよう。

*感染確認者数状況
◎日本
●感染確認者数 : 130.843名、前日比 : +2.585名
(クルーズ船、チャーター便帰国者 除く)
●重症者数 : 313名、前日比 : +22名、重症者率 : 0.24%
●死亡者 : 1.975名、前日比 : +10名、死亡率 : 1.51%
●治療済 : 110.358名、前日比 : +2.513名
●全感染者に対する透析患者の感染率 :0.22%

◎日本国内の透析患者の感染確認者数
●感染者数 : 311名、前週比 : +14名
●転帰不明 : 145名、前週比 : +6名
●死亡者 : 45名、前週比 : +1名、死亡率 : 14.47%
◆備考 : 転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
[2020.11.13(金)8:00 現在]

◎北海道内
●感染確認者数 : のべ6.918名、前日比 : +234名
●重症者 : 22名、前日比 : +3名、重症者率 : 0.32%
●再陽性患者 : 24名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 143名、前日比 : +2名、死亡率 : 2.07%
●現在患者数 : 2.143名、前日比 : +30名
●現在入院患者数 : 集計中、前日比 : +名
●宿泊療養施設入所者 : 集計中、前日比 : +名
●治療済 : のべ4.629名、前日比 : +201名
●PCR検査数 : 3.185名
●陽性率 : 7.3%
●先週一週間との比較 : 増加(1.417人)
●感染経路不明割合 : 37.1%

◎札幌市
●感染確認者数 : のべ4.720名、前日比 : +161名
●重症者 : 13名、前日比 : ±0名、重症者率 : 0.28%
●再陽性患者 : 13名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 72名、前日比 : +2名、死亡率 : 1.53%
●現在患者数 : 1.327名、前日比 : -28名
●治療済 : のべ3.3.22名、前日比 : +187名
●PCR検査数 : 1.807名
●陽性率 : 8.9%

◎北海道・東北地区の透析患者感染確認者数
●感染者数 : 9名、前週比 : ±0名
●転帰不明 : 3名、前週比 : -2名
●死亡者 : 0名、前週比 : ±0名、死亡率 : 0%
[2020.11.13(金) 8:00現在]
◆備考
●転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
●北海道・東北地区 = 北海道、青森県、岩手県、宮城,秋田,山形,福島。

*本日の北海道内の再陽性者
いません。

*本日の北海道内の死亡者
新型コロナウイルスに感染していた、札幌市の80代男性2人、旭川市では年代性別非公表1人の死亡が確認されました。

*本日の北海道内・札幌市の新規感染確認者数
新たに感染が確認されたのは、北海道234人、うち札幌市は161人です。

●感染が確認されたのは、札幌市161人、空知地方3人、石狩地方19人、後志地方5人、胆振地方5人、渡島地方3人、上川地方1人、オホーツク地方2人、十勝地方9人、釧路地方2人の計234人です。

●小樽市では、『小樽市立稲穂小学校』の児童・職員5人の感染が確認されました。道は134例目のクラスターと認定しました。
●札幌市では、札幌市手稲区の『手稲渓仁会病院』で20〜80代の入院患者9人と職員4人の計13人の感染が確認されました。札幌市は86例目のクラスターと認定しました。
●札幌市中央区の、繁華街すすきのの"夜の街"関連の感染者は152店舗534人です。

自身や、自身の大切な人を守るために注意事項を守って下さい。

道民の皆さんは、感染予防対策を徹底して感染しないようにしましょう。

(2020.11.21(土)19:50)
2020/11/20
新型コロナウイルス感染者状況 11月20日
集中対策期間 : 11月17日〜27日
現在の北海道は警戒ステージ[4相当]
感染者の急増、及び医療提供体制における大きな支障の発生を避けるための対応が必要な段階。

北海道で、新型コロナウイルス感染が非常に大きな流行が起きています。患者一人ひとりが、緊張感を持って感染症対策に取り組むようようにお願いします。

*緊急行動対策
●札幌市
○感染リスクが回避できない場合 : 不要不急の外出自粛、道内他地域との不要不急の往来自粛。

●札幌を除く北海道全体
○感染リスクが回避できない場合 : 札幌市との不要不急の往来自粛。
○飲食時のリスク回避の徹底。

*透析患者さんへの行動対策
●外出時や通院時などマスクを着用してください。
●丁寧な手洗いとアルコール等による消毒、うがいをお願いします。
●不要不急の外出は避けてください。密閉・密集・密接の場も避け
てください。
●他県への移動など長距離の移動が必要になった場合には、事前に透析施設に相談し、透析施設の指示に従ってください。
●毎日の体温測定と健康状態に注意してください。発熱や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、透析施設に必ず電話連絡をし、透析施設の指示に従ってください。

*透析患者さんへの注意喚起
透析患者さんも感染者が増えてきています。透析患者さんや免疫抑制剤服用者は感染すると[重症化]すると言われています。 感染防止のためには、一人ひとり自身の体は自分でしっかり守ることが 重要です。今一度、上記項目をチェックし、感染予防に取り組んで ください。十分に気をつけ感染対策を取って感染しないようにお願いします。通院以外の外出は控えて下さい。
明日からの3連休の外出は控えて家にいて下さい。


*緊急性の高い13の症状
1. 顔色が明らかに悪い。
2. 唇が紫色になっている。
3. いつもと違う、様子がおかしい。
4. 息が荒くなった。
5. 急に苦しくなった。
6. 生活をしていて少し歩くと息苦しい。
7. 胸の痛みがある。
8. 横になれない。座らないと息が出来ない。
9. 肩で息をしている。
10. 突然((2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた。
11. ぼんやりとしている(反応が悪い)。
12. もうろうとしている(返事がない)。
13. 脈がとぶ。脈のリズムが乱れる感じがする。

*感染リスクを高めやすい場面
1. 飲酒を伴う場面。
2. 仕事後や休憩時間。
3. 集団生活。
4. 激しい呼吸を伴う場面。
5. 野外での活動の前後。

*特別措置法に基づく協力要請
1. 発熱やせきがあるなど、体調が悪い場合に外出を控えること。
2. 飲酒を伴う場面、仕事後や休憩時間などの感染リスクを回避する行動を実践し、高齢者、基礎疾患のある方と接する場面においてマスクの着用を意識して行動して下さい。特に、札幌市内で徹底すること。
3. 『国の接触確認アプリ(COCOA)や『国のコロナ通知システム』の積極的な活用をお願いします。
4. テレワークの推進、時差出勤のさらなる活用などに協力をお願いして下さい。

*新北海道スタイル(北海道) プラス2
1. 今は距離を取って…。
2. 手を洗って下さい。
3. 咳エチケット。
4. 部屋の換気をしよう。
5. 3つの『密』をさけよう。
6. テイクアウトやデリバリーも…。
7. オンラインを上手に使おう。
8. いまは、小声で…。
9. 北海道コロナ感知システムと接触確認アプリ(COCOA)を活用しよう。

*新しい生活様式
●まめに手洗い・手指消毒を!
1. 家に帰ったら、まず手を洗おう。
2. 手洗いは30秒程度かけて、水と石けんで丁寧に!
●人との間隔はできるだけ空けよう!
1. できるだけ2m、最低1mは距離を取ろう!
●症状がなくてもマスクを着用しよう!
1. 外出時、屋内にいるときや会話をするときはマスクを!
●『3密』を回避しよう(密閉、密集、密接)
1. 換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面は避けよう!
●買い物は少人数ですばやく済まそう!
1. 1人または少人数ですいた時間に。
2. 計画をたてて素早く済ます。
3. レジに並ぶときは、前後にスペースを。
4. 電子決済も利用しよう!
●公共交通機関の利用
1. 会話は控えめに。
2. 混んでいる時間帯は避けて。
3. 徒歩や自転車利用も併用しよう。
●働き方の新しいスタイル
1. テレワークやローテーション勤務。
2. 時差通動でゆったりと。
3. 対面での打ち合わせは換気とマスク。
4. 在宅勤務しよう。時差出勤しよう。

*感染確認者数状況
◎日本
●感染確認者数 : 128.252名、前日比 : +2.417名
(クルーズ船、チャーター便帰国者 除く)
●重症者数 : 291名、前日比 : +11名、重症者率 : 0.23%
●死亡者 : 1.964名、前日比 : +10名、死亡率 : 1.53%
●治療済 : 108.596名、前日比 : +653名
●全感染者に対する透析患者の感染率 :0.22%

◎日本国内の透析患者の感染確認者数
●感染者数 : 311名、前週比 : +14名
●転帰不明 : 145名、前週比 : +6名
●死亡者 : 45名、前週比 : +1名、死亡率 : 14.47%
◆備考 : 転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
[2020.11.13(金)8:00 現在]

◎北海道内
●感染確認者数 : のべ6.684名、前日比 : +304名
●重症者 : 19名、前日比 : +2名、重症者率 : 0.28%
●再陽性患者 : 24名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 143名、前日比 : +2名、死亡率 : 2.14%
●現在患者数 : 2.113名、前日比 : +120名
●現在入院患者数 : 集計中、前日比 : +名
●宿泊療養施設入所者 : 集計中、前日比 : +名
●治療済 : のべ4.428名、前日比 : +182名
●PCR検査数 : 3.075名
●陽性率 : 9.9%
●先週一週間との比較 : 増加(1.374人)
●感染経路不明割合 : 36.6%

◎札幌市
●感染確認者数 : のべ4.559名、前日比 : +191名
●重症者 : 13名、前日比 : +1名、重症者率 : 0.29%
●再陽性患者 : 13名、前日比 : +1名
●死亡者 : 69名、前日比 : +1名、死亡率 : 1.51%
●現在患者数 : 1.384名、前日比 : +70名
●治療済 : のべ3.106名、前日比 : +120名
●PCR検査数 : 1.586名
●陽性率 : 12.0%

◎北海道・東北地区の透析患者感染確認者数
●感染者数 : 9名、前週比 : ±0名
●転帰不明 : 3名、前週比 : -2名
●死亡者 : 0名、前週比 : ±0名、死亡率 : 0%
[2020.11.13(金) 8:00現在]
◆備考
●転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
●北海道・東北地区 = 北海道、青森県、岩手県、宮城,秋田,山形,福島。

*本日の北海道内の再陽性者
いません。

*本日の北海道内の死亡者
新型コロナウイルスに感染していた、80代の男性、旭川市でも1人の死亡が確認されました。

*本日の北海道内・札幌市の新規感染確認者数
新たに感染が確認されたのは、北海道304人、うち札幌市は191人です。

●感染が確認されたのは、札幌市は191人、旭川市は21人、小樽市は4人、空知13人、石狩25人、後志4人、胆振12人、日高1人、上川1人、宗谷1人、オホーツク4人、十勝12人、釧路13人、根室1人、その他1人の計304人です。

●札幌市中央区のすすきのの『ラウンジ 』(接待を伴う飲食店)で20代〜40代の19人(従業員18人 客1人)の感染が確認されました。札幌市は83例目のクラスターと認定しました。
●札幌市のコールセンターで20代〜30代の10人の感染が確認されました。札幌市は84例目のクラスターと認定しました。
●札幌市は、札幌市手稲区の『タナカメディカル札幌田中病院』の40代〜100歳代で患者39人、看護師4人、介護士2人、非医療職1人の7人の計46人の感染が確認されました。札幌市は85例目のクラスターと認定しました。
●札幌市で、札幌市中央区の『中村記念病院』で患者11人、職員7人の18人の感染が確認されました。札幌市は86例目のクラスターと認定しました。
●道は、登別市の養護老人ホームで40代から80代 の職員2人、入所者3人の5人の感染が確認されました。道は131例目のクラスターと認定しました。
●道は、胆振地方で『スナック』(接待を伴う飲食店)の40代から80代の経営者1人、利用者5人の6人の感染が確認されました。道は132例目のクラスターと認定しました。
●道は、新ひだか町の『日高徳洲会病院』で40代から80代の職員2人、入院患者3人の5人の感染が確認されました。道は133例目のクラスターと認定しました。
●道は、釧路市で事業所の20代から50代での職員6人の感染が確認されました。道は134例目のクラスターと認定しました。

自身や、自身の大切な人を守るために注意事項を守って下さい。

道民の皆さんは、感染予防対策を徹底して感染しないようにしましょう。

(2020.11.20(金)19:50)
2020/11/19
新型コロナウイルス感染者状況 11月19日
集中対策期間 : 11月17日〜27日
現在の北海道は警戒ステージ[4相当]
感染者の急増及び医療提供体制における大きな支障の発生を避けるための対応が必要な段階。

北海道で、新型コロナウイルスの感染が非常に大きな流行が起きています。

*緊急行動対策
●札幌市
○感染リスクが回避できない場合 : 不要不急の外出自粛、道内他地域との不要不急の往来自粛。

●札幌を除く北海道全体
○感染リスクが回避できない場合 : 札幌市との不要不急の往来自粛。
○飲食時のリスク回避の徹底。

*行動対策
●マスク着用の徹底。
●手洗いや咳エチケットの徹底。
●『3密』に十分注意。
●感染リスクを回避できない施設には行かない。
●5人以上で2時間を超えるような会食、マスクをしない大声での会話は避ける。

透析患者さんも感染者が増えています。感染するとどのような症状が出るか分かりません。死亡する恐れがあります。十分に気をつけ感染対策を取って感染しないようにして下さい。通院以外の外出は自粛して下さい。

*緊急性の高い13の症状
1. 顔色が明らかに悪い。
2. 唇が紫色になっている。
3. いつもと違う、様子がおかしい。
4. 息が荒くなった。
5. 急に苦しくなった。
6. 生活をしていて少し歩くと息苦しい。
7. 胸の痛みがある。
8. 横になれない。座らないと息が出来ない。
9. 肩で息をしている。
10. 突然((2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた。
11. ぼんやりとしている(反応が悪い)。
12. もうろうとしている(返事がない)。
13. 脈がとぶ。脈のリズムが乱れる感じがする。

*感染リスクを高めやすい場面
1. 飲酒を伴う場面。
2. 仕事後や休憩時間。
3. 集団生活。
4. 激しい呼吸を伴う場面。
5. 野外での活動の前後。

*特別措置法に基づく協力要請
1. 発熱やせきがあるなど、体調が悪い場合に外出を控えること。
2. 飲酒を伴う場面、仕事後や休憩時間などの感染リスクを回避する行動を実践し、高齢者、基礎疾患のある方と接する場面においてマスクの着用を意識して行動して下さい。特に、札幌市内で徹底すること。
3. 『国の接触確認アプリ(COCOA)や『国のコロナ通知システム』の積極的な活用をお願いします。
4. テレワークの推進、時差出勤のさらなる活用などに協力をお願いして下さい。

*新北海道スタイル(北海道) プラス2
1. 今は距離を取って…。
2. 手を洗って下さい。
3. 咳エチケット。
4. 部屋の換気をしよう。
5. 3つの『密』をさけよう。
6. テイクアウトやデリバリーも…。
7. オンラインを上手に使おう。
8. いまは、小声で…。
9. 北海道コロナ感知システムと接触確認アプリ(COCOA)を活用しよう。

*新しい生活様式
●まめに手洗い・手指消毒を!
1. 家に帰ったら、まず手を洗おう。
2. 手洗いは30秒程度かけて、水と石けんで丁寧に!
●人との間隔はできるだけ空けよう!
1. できるだけ2m、最低1mは距離を取ろう!
●症状がなくてもマスクを着用しよう!
1. 外出時、屋内にいるときや会話をするときはマスクを!
●『3密』を回避しよう(密閉、密集、密接)
1. 換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面は避けよう!
●買い物は少人数ですばやく済まそう!
1. 1人または少人数ですいた時間に。
2. 計画をたてて素早く済ます。
3. レジに並ぶときは、前後にスペースを。
4. 電子決済も利用しよう!
●公共交通機関の利用
1. 会話は控えめに。
2. 混んでいる時間帯は避けて。
3. 徒歩や自転車利用も併用しよう。
●働き方の新しいスタイル
1. テレワークやローテーション勤務。
2. 時差通動でゆったりと。
3. 対面での打ち合わせは換気とマスク。
4. 在宅勤務しよう。時差出勤しよう。

*感染確認者数状況
◎日本
●感染確認者数 : 125.825名、前日比 : +2.384名
(クルーズ船、チャーター便帰国者 除く)
●重症者数 : 280名、前日比 : +7名、重症者率 : 0.22%
●死亡者 : 1.951名、前日比 : +14名、死亡率 : 1.55%
●治療済 : 107.500名、前日比 : +606名
●全感染者に対する透析患者の感染率 :0.22%

◎日本国内の透析患者の感染確認者数
●感染者数 : 311名、前週比 : +14名
●転帰不明 : 145名、前週比 : +6名
●死亡者 : 45名、前週比 : +1名、死亡率 : 14.47%
◆備考 : 転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
[2020.11.13(金)8:00 現在]

◎北海道内
●感染確認者数 : のべ6.380名、前日比 : +267名
●重症者 : 17名、前日比 : -1名、重症者率 : 0.27%
●再陽性患者 : 24名、前日比 : +1名
●死亡者 : 141名、前日比 : +7名、死亡率 : 2.21%
●現在患者数 : 1.993名、前日比 : +50名
●現在入院患者数 : 集計中、前日比 : +名
●宿泊療養施設入所者 : 集計中、前日比 : +名
●治療済 : のべ4.246名、前日比 : +210名
●PCR検査数 : 2.827名
●陽性率 : 9.4%
●先週一週間との比較 : 増加(1.254人)
●感染経路不明割合 : 集計中

◎札幌市
●感染確認者数 : のべ4.368名、前日比 : +197名
●重症者 : 12名、前日比 : ±0名、重症者率 : 0.27%
●再陽性患者 : 13名、前日比 : +名
●死亡者 : 68名、前日比 : +4名、死亡率 : 1.1%
●現在患者数 : 1.314名、前日比 : +15名
●治療済 : のべ2.986名、前日比 : +186名
●PCR検査数 : 1.442名
●陽性率 : 13.9%

◎北海道・東北地区の透析患者感染確認者数
●感染者数 : 9名、前週比 : ±0名
●転帰不明 : 3名、前週比 : -2名
●死亡者 : 0名、前週比 : ±0名、死亡率 : 0%
[2020.11.13(金) 8:00現在]
◆備考
●転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
●北海道・東北地区 = 北海道、青森県、岩手県、宮城,秋田,山形,福島。

*本日の北海道内の再陽性者
居住地非公表の1人が確認されました。

*本日の北海道内の死亡者
新型コロナウイルスで入院して治療を受けていた、道内に住む80代の女性、80代の男性、札幌市の70代の男性と80代の女性、50代の男性、90代の女性、旭川市の年代性別非公表の1人の死亡が確認されました。

*本日の北海道内・札幌市の新規感染確認者数
新たに感染が確認されたのは、北海道267人、うち札幌市は197人です。

●感染が確認されたのは、札幌市197人、空知管内 7人、石狩管内 14人、胆振管内5人、上川管内 2人、留萌管内 1人、宗谷管内 1人、オホーツク管内 2人、十勝管内 6人、釧路管内 4人、その他 神奈川県 1人の計267人です。

●札幌市で、札幌出入国在留管理局の20代から50代の職員13人の感染が確認されました。札幌市は79例目のクラスターとして認定しました。
●札幌市で、IT関連会社の20代から30代 の7人の感染が確認されました。札幌市では80例目のクラスターとして認定しました。
●札幌市で、医療機関の20代から80代の職員5人と入院患者8人の計13人の感染が確認されました。札幌市では81例目のクラスターとして認定しました。
●札幌市で、グループホームの40代から90代の入居者5人職員3人の計8人の感染が確認されました。札幌市は82例目のクラスターとして認定しました。

自身や、自身の大切な人を守るために注意事項を守って下さい。

道民の皆さんは、感染予防対策を徹底して感染しないようにしましょう。

(2020.11.19(木)19:50)
2020/11/18
新型コロナウイルス感染者状況 11月18日
集中対策期間 : 11月17日〜27日
現在の北海道は警戒ステージ[4相当]
感染者の急増及び医療提供体制における大きな支障の発生を避けるための対応が必要な段階。

全国的に新型コロナウイルスの感染がとても広がってきています。

*緊急行動対策
●札幌市
○感染リスクが回避できない場合 : 不要不急の外出自粛、道内他地域との不要不急の往来自粛。

●札幌を除く北海道全体
○感染リスクが回避できない場合 : 札幌市との不要不急の往来自粛。
○飲食時のリスク回避の徹底。

*行動対策
●マスク着用の徹底。
●手洗いや咳エチケットの徹底。
●『3密』に十分注意。
●感染リスクを回避できない施設には行かない。
●5人以上で2時間を超えるような会食、マスクをしない大声での会話は避ける。

透析患者さんも感染者が増えています。感染するとどのような症状が出るか分かりません。死亡する恐れがあります。十分に気をつけ感染対策を取って感染しないようにして下さい。通院以外の外出は自粛して下さい。

*緊急性の高い13の症状
1. 顔色が明らかに悪い。
2. 唇が紫色になっている。
3. いつもと違う、様子がおかしい。
4. 息が荒くなった。
5. 急に苦しくなった。
6. 生活をしていて少し歩くと息苦しい。
7. 胸の痛みがある。
8. 横になれない。座らないと息が出来ない。
9. 肩で息をしている。
10. 突然((2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた。
11. ぼんやりとしている(反応が悪い)。
12. もうろうとしている(返事がない)。
13. 脈がとぶ。脈のリズムが乱れる感じがする。

*感染リスクを高めやすい場面
1. 飲酒を伴う場面。
2. 仕事後や休憩時間。
3. 集団生活。
4. 激しい呼吸を伴う場面。
5. 野外での活動の前後。

*特別措置法に基づく協力要請
1. 発熱やせきがあるなど、体調が悪い場合に外出を控えること。
2. 飲酒を伴う場面、仕事後や休憩時間などの感染リスクを回避する行動を実践し、高齢者、基礎疾患のある方と接する場面においてマスクの着用を意識して行動して下さい。特に、札幌市内で徹底すること。
3. 『国の接触確認アプリ(COCOA)や『国のコロナ通知システム』の積極的な活用をお願いします。
4. テレワークの推進、時差出勤のさらなる活用などに協力をお願いして下さい。

*新北海道スタイル(北海道) プラス2
1. 今は距離を取って…。
2. 手を洗って下さい。
3. 咳エチケット。
4. 部屋の換気をしよう。
5. 3つの『密』をさけよう。
6. テイクアウトやデリバリーも…。
7. オンラインを上手に使おう。
8. いまは、小声で…。
9. 北海道コロナ感知システムと接触確認アプリ(COCOA)を活用しよう。

*新しい生活様式
●まめに手洗い・手指消毒を!
1. 家に帰ったら、まず手を洗おう。
2. 手洗いは30秒程度かけて、水と石けんで丁寧に!
●人との間隔はできるだけ空けよう!
1. できるだけ2m、最低1mは距離を取ろう!
●症状がなくてもマスクを着用しよう!
1. 外出時、屋内にいるときや会話をするときはマスクを!
●『3密』を回避しよう(密閉、密集、密接)
1. 換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面は避けよう!
●買い物は少人数ですばやく済まそう!
1. 1人または少人数ですいた時間に。
2. 計画をたてて素早く済ます。
3. レジに並ぶときは、前後にスペースを。
4. 電子決済も利用しよう!
●公共交通機関の利用
1. 会話は控えめに。
2. 混んでいる時間帯は避けて。
3. 徒歩や自転車利用も併用しよう。
●働き方の新しいスタイル
1. テレワークやローテーション勤務。
2. 時差通動でゆったりと。
3. 対面での打ち合わせは換気とマスク。
4. 在宅勤務しよう。時差出勤しよう。

*感染確認者数状況
◎日本
●感染確認者数 : 123.445名、前日比 : +2.196名
(クルーズ船、チャーター便帰国者 除く)
●重症者数 : 272名、前日比 : +21名、重症者率 : 0.22%
●死亡者 : 1.931名、前日比 : +14名、死亡率 : 1.19%
●治療済 : 106.164名、前日比 : +1.354名
●全感染者に対する透析患者の感染率 :0.22%

◎日本国内の透析患者の感染確認者数
●感染者数 : 311名、前週比 : +14名
●転帰不明 : 145名、前週比 : +6名
●死亡者 : 45名、前週比 : +1名、死亡率 : 14.47%
◆備考 : 転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
[2020.11.13(金)8:00 現在]

◎北海道内
●感染確認者数 : のべ6.113名、前日比 : +233名
●重症者 : 18名、前日比 : -2名、重症者率 : 0.21%
●再陽性患者 : 23名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 134名、前日比 : +2名、死亡率 : 2.18%
●現在患者数 : 1.943名、前日比 : +40名
●現在入院患者数 : 集計中、前日比 : +名
●宿泊療養施設入所者 : 集計中、前日比 : +名
●治療済 : のべ4.136名、前日比 : +190名
●PCR検査数 : 3.377名
●陽性率 : 6.9%
●先週一週間との比較 : 増加(1.137人)
●感染経路不明割合 : 36.3%

◎札幌市
●感染確認者数 : のべ4.171名、前日比 : +136名
●重症者 : 12名、前日比 : ±0名、重症者率 : 0.29%
●再陽性患者 : 12名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 64名、前日比 : +2名、死亡率 : 1.53%
●現在患者数 : 1.299名、前日比 : -46名
●治療済 : のべ2.808名、前日比 : +180名
●PCR検査数 : 1.666名
●陽性率 : 8.2%

◎北海道・東北地区の透析患者感染確認者数
●感染者数 : 9名、前週比 : ±0名
●転帰不明 : 3名、前週比 : -2名
●死亡者 : 0名、前週比 : ±0名、死亡率 : 0%
[2020.11.13(金) 8:00現在]
◆備考
●転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
●北海道・東北地区 = 北海道、青森県、岩手県、宮城,秋田,山形,福島。

*本日の北海道内の再陽性者
いません。

*本日の北海道内の死亡者
感染が確認されていた、道内に住む80歳男性と、札幌市の90代女性、70代男性の死亡が確認されました。

*本日の北海道内・札幌市の新規感染確認者数
新たに感染が確認されたのは、北海道233人、うち札幌市は136人です。

●感染が確認されたのは、札幌市で130人、居住地非公表の6人の計136人、旭川市5人、小樽市3人、函館市2人、石狩地方47人、空知地方13人、十勝地方3人、胆振地方6人、後志地方5人、釧路地方2人、渡島地方2人、檜山地方1人、上川地方1人、留萌地方1人、宗谷地方1人、道が発表した札幌市1人の233人です。

●札幌市で、グループホームの従業員と入居者の計10人の感染が確認されました。札幌市は76例目のクラスターと認定しました。
●札幌市で、専門学校の学生5人、教職員1人の感染が確認されました。札幌市は77例目のクラスターと認定しました。
●札幌市中央区の繁華街ススキノのホストクラブ(接待を伴う飲食店)の従業員6人の感染が確認されました。札幌市は78例目のクラスターと認定しました。
●道では、月形町で月形刑務所の刑務官1人、受刑者5人の6人の感染が確認されました。道は122例目のクラスターと認定しました。
●札幌市中央区の繁華街ススキノ地区の接待を伴う飲食店の感染者は、昨日よりも2人増えて144店舗518人です。

自身や、自身の大切な人を守るために注意事項を守って下さい。

道民の皆さんは、感染予防対策を徹底して感染しないようにしましょう。

(2020.11.18(水)19:50)
2020/11/17
新型コロナウイルス感染者状況 11月17日
集中対策期間 : 11月17日〜27日
現在の北海道は警戒ステージ[4相当]
感染者の急増及び医療提供体制における大きな支障の発生を避けるための対応が必要な段階。

全国的に新型コロナウイルスの感染がとても広がってきています。

*緊急行動対策
●札幌市
○感染リスクが回避できない場合 : 不要不急の外出自粛、道内他地域との不要不急の往来自粛。

●札幌を除く北海道全体
○感染リスクが回避できない場合 : 札幌市との不要不急の往来自粛。
○飲食時のリスク回避の徹底。

*行動対策
●マスク着用の徹底。
●手洗いや咳エチケットの徹底。
●『3密』に十分注意。
●感染リスクを回避できない施設には行かない。
●5人以上で2時間を超えるような会食、マスクをしない大声での会話は避ける。

透析患者さんも感染者が増えています。感染するとどのような症状が出るか分かりません。死亡する恐れがあります。十分に気をつけ感染対策を取って感染しないようにして下さい。通院以外の外出は自粛して下さい。

*緊急性の高い13の症状
1. 顔色が明らかに悪い。
2. 唇が紫色になっている。
3. いつもと違う、様子がおかしい。
4. 息が荒くなった。
5. 急に苦しくなった。
6. 生活をしていて少し歩くと息苦しい。
7. 胸の痛みがある。
8. 横になれない。座らないと息が出来ない。
9. 肩で息をしている。
10. 突然((2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた。
11. ぼんやりとしている(反応が悪い)。
12. もうろうとしている(返事がない)。
13. 脈がとぶ。脈のリズムが乱れる感じがする。

*感染リスクを高めやすい場面
1. 飲酒を伴う場面。
2. 仕事後や休憩時間。
3. 集団生活。
4. 激しい呼吸を伴う場面。
5. 野外での活動の前後。

*特別措置法に基づく協力要請
1. 発熱やせきがあるなど、体調が悪い場合に外出を控えること。
2. 飲酒を伴う場面、仕事後や休憩時間などの感染リスクを回避する行動を実践し、高齢者、基礎疾患のある方と接する場面においてマスクの着用を意識して行動して下さい。特に、札幌市内で徹底すること。
3. 『国の接触確認アプリ(COCOA)や『国のコロナ通知システム』の積極的な活用をお願いします。
4. テレワークの推進、時差出勤のさらなる活用などに協力をお願いして下さい。

*新北海道スタイル(北海道) プラス2
1. 今は距離を取って…。
2. 手を洗って下さい。
3. 咳エチケット。
4. 部屋の換気をしよう。
5. 3つの『密』をさけよう。
6. テイクアウトやデリバリーも…。
7. オンラインを上手に使おう。
8. いまは、小声で…。
9. 北海道コロナ感知システムと接触確認アプリ(COCOA)を活用しよう。

*新しい生活様式
●まめに手洗い・手指消毒を!
1. 家に帰ったら、まず手を洗おう。
2. 手洗いは30秒程度かけて、水と石けんで丁寧に!
●人との間隔はできるだけ空けよう!
1. できるだけ2m、最低1mは距離を取ろう!
●症状がなくてもマスクを着用しよう!
1. 外出時、屋内にいるときや会話をするときはマスクを!
●『3密』を回避しよう(密閉、密集、密接)
1. 換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面は避けよう!
●買い物は少人数ですばやく済まそう!
1. 1人または少人数ですいた時間に。
2. 計画をたてて素早く済ます。
3. レジに並ぶときは、前後にスペースを。
4. 電子決済も利用しよう!
●公共交通機関の利用
1. 会話は控えめに。
2. 混んでいる時間帯は避けて。
3. 徒歩や自転車利用も併用しよう。
●働き方の新しいスタイル
1. テレワークやローテーション勤務。
2. 時差通動でゆったりと。
3. 対面での打ち合わせは換気とマスク。
4. 在宅勤務しよう。時差出勤しよう。

*感染確認者数状況
◎日本
●感染確認者数 : 121.240名、前日比 : +1.690名
(クルーズ船、チャーター便帰国者 除く)
●重症者数 : 272名、前日比 : +21名、重症者率 : 0.22%
●死亡者 : 1.917名、前日比 : +12名、死亡率 : 1.19%
●治療済 : 104.947名、前日比 : +292名
●全感染者に対する透析患者の感染率 :0.22%

◎日本国内の透析患者の感染確認者数
●感染者数 : 311名、前週比 : +14名
●転帰不明 : 145名、前週比 : +6名
●死亡者 : 45名、前週比 : +1名、死亡率 : 14.47%
◆備考 : 転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
[2020.11.13(金)8:00 現在]

◎北海道内
●感染確認者数 : のべ5.880名、前日比 : +197名
●重症者 : 20名、前日比 : +2名、重症者率 : 0.34%
●再陽性患者 : 23名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 132名、前日比 : +2名、死亡率 : 2.24%
●現在患者数 : 1.903名、前日比 : -13名
●現在入院患者数 : 集計中、前日比 : +名
●宿泊療養施設入所者 : 集計中、前日比 : +名
●治療済 : のべ3.846名、前日比 : +208名
●PCR検査数 : 2.143名
●陽性率 : 9.2%
●先週一週間との比較 : 増加(1.015人)
●感染経路不明割合 : 37.6%

◎札幌市
●感染確認者数 : のべ4.035名、前日比 : +150名
●重症者 : 12名、前日比 : +1名、重症者率 : 0.3%
●再陽性患者 : 12名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 62名、前日比 : +1名、死亡率 : 1.54%
●現在患者数 : 1.345名、前日比 : +26名
●治療済 : のべ2.628名、前日比 : +124名
●PCR検査数 : 1.257名
●陽性率 : 11.9%

◎北海道・東北地区の透析患者感染確認者数
●感染者数 : 9名、前週比 : ±0名
●転帰不明 : 3名、前週比 : -2名
●死亡者 : 0名、前週比 : ±0名、死亡率 : 0%
[2020.11.13(金) 8:00現在]
◆備考
●転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
●北海道・東北地区 = 北海道、青森県、岩手県、宮城,秋田,山形,福島。

*本日の北海道内の再陽性者
いません。

*本日の北海道内の死亡者
道内に住む、70代男性と、年齢性別非公表の死亡が確認されました。遺族の意向で居住地などは発表されていません。

*本日の北海道内・札幌市の新規感染確認者数
新たに感染が確認されたのは、北海道197人、うち札幌市は150人です。

●感染が確認されたのは、札幌市の143人と、居住地非公表の7人の150人、函館市の7人、旭川市の4人、千歳市の3人、北広島市の3人、苫小牧市の2人、帯広市の2人、小樽市の1人、石狩地方の6人、胆振地方の4人、空知地方の3人、上川地方の3人、十勝地方の3人、渡島地方の2人、後志地方の1人、留萌地方の1人、宗谷地方の1人、釧路地方の1人の計197人です。

●札幌市の、医療機関で患者と看護師の11人の感染が確認されています。札幌市では73例目のクラスターと認定されました。
●札幌市の、介護事業所で利用者7人と従業員1人の8人の感染が確認されました。札幌市では74例目のクラスターと認定されました。
●札幌市の、コールセンターで従業員10人の感染が確認されました。札幌市では75例目のクラスターと認定されました。
●厚真町の北海道電力『苫東厚真発電所』の青雲寮の入居者4人、社宅入居者1人の5人の感染が確認されました。道は118例目のクラスターと認定しました。
●札幌市南区のクラスターが発生している特別養護老人ホーム『ドリームハウス』で9人の感染が確認されました。ここでの感染者は101人になりました。
●札幌市中央区の繁華街ススキノ地区の接待を伴う飲食店の感染者は、昨日よりも8人増えて143店舗516人です。

自身や、自身の大切な人を守るために注意事項を守って下さい。

道民の皆さんは、感染予防対策を徹底して感染しないようにしましょう。

(2020.11.17(火)19:50)
2020/11/16
新型コロナウイルス感染者状況 11月16日
集中対策期間 : 11月7日〜27日
現在の北海道は[警戒ステージ3]です。
明日からは[ステージ4]に上がる見通しです。
感染者がさらに増加し、医療提供体制への負荷がより一層高まる段階です。
集団感染が数多く発生するなど、さらに医療提供体制への負荷が蓄積し、感染拡大の防止に向けて、より強い対応が必要な状況にあります。
感染状況を踏まえたより強い行動変容に対する協力を要請します。

全国的に新型コロナウイルスの感染がとても広がってきています。

*緊急行動対策
●札幌市では、感染リスクを回避できない場合の不要不急の外出自粛。
●札幌市と道内の他地域との往来の自粛。
●感染リスクを回避できない施設には行かない。
●マスク着用。
●手洗いや咳エチケットの徹底。
●『3密』に十分注意。

透析患者さんも感染者が増えています。感染するとどのような症状が出るか分かりません。死亡する恐れがあります。十分に気をつけ感染対策を取って感染しないようにして下さい。通院以外の外出は自粛して下さい。

*感染リスクを高めやすい場面
1. 飲酒を伴う場面。
2. 仕事後や休憩時間。
3. 集団生活。
4. 激しい呼吸を伴う場面。
5. 野外での活動の前後。

*特別措置法に基づく協力要請
1. 発熱やせきがあるなど、体調が悪い場合に外出を控えること。
2. 飲酒を伴う場面、仕事後や休憩時間などの感染リスクを回避する行動を実践し、高齢者、基礎疾患のある方と接する場面においてマスクの着用を意識して行動して下さい。特に、札幌市内で徹底すること。
3. 『国の接触確認アプリ(COCOA)や『国のコロナ通知システム』の積極的な活用をお願いします。
4. テレワークの推進、時差出勤のさらなる活用などに協力をお願いして下さい。

*新北海道スタイル(北海道) プラス2
1. 今は距離を取って…。
2. 手を洗って下さい。
3. 咳エチケット。
4. 部屋の換気をしよう。
5. 3つの『密』をさけよう。
6. テイクアウトやデリバリーも…。
7. オンラインを上手に使おう。
8. いまは、小声で…。
9. 北海道コロナ感知システムと接触確認アプリ(COCOA)を活用しよう。

*新しい生活様式
●まめに手洗い・手指消毒を!
1. 家に帰ったら、まず手を洗おう。
2. 手洗いは30秒程度かけて、水と石けんで丁寧に!
●人との間隔はできるだけ空けよう!
1. できるだけ2m、最低1mは距離を取ろう!
●症状がなくてもマスクを着用しよう!
1. 外出時、屋内にいるときや会話をするときはマスクを!
●『3密』を回避しよう(密閉、密集、密接)
1. 換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面は避けよう!
●買い物は少人数ですばやく済まそう!
1. 1人または少人数ですいた時間に。
2. 計画をたてて素早く済ます。
3. レジに並ぶときは、前後にスペースを。
4. 電子決済も利用しよう!
●公共交通機関の利用
1. 会話は控えめに。
2. 混んでいる時間帯は避けて。
3. 徒歩や自転車利用も併用しよう。
●働き方の新しいスタイル
1. テレワークやローテーション勤務。
2. 時差通動でゆったりと。
3. 対面での打ち合わせは換気とマスク。
4. 在宅勤務しよう。時差出勤しよう。

*緊急性の高い13の症状
1. 顔色が明らかに悪い。
2. 唇が紫色になっている。
3. いつもと違う、様子がおかしい。
4. 息が荒くなった。
5. 急に苦しくなった。
6. 生活をしていて少し歩くと息苦しい。
7. 胸の痛みがある。
8. 横になれない。座らないと息が出来ない。
9. 肩で息をしている。
10. 突然((2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた。
11. ぼんやりとしている(反応が悪い)。
12. もうろうとしている(返事がない)。
13. 脈がとぶ。脈のリズムが乱れる感じがする。

*感染確認者数状況
◎日本
●感染確認者数 : 119.530名、前日比 : +941名
(クルーズ船、チャーター便帰国者 除く)
●重症者数 : 251名、前日比 : +12名、重症者率 : 0.2%
●死亡者 : 1.902名、前日比 : +7名、死亡率 : 1.59%
●治療済 : 103.663名、前日比 : +331名
●全感染者に対する透析患者の感染率 :0.29%

◎日本国内の透析患者の感染確認者数
●感染者数 : 311名、前週比 : +14名
●転帰不明 : 145名、前週比 : +6名
●死亡者 : 45名、前週比 : +1名、死亡率 : 14.47%
◆備考 : 転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
[2020.11.13(金)8:00 現在]

◎北海道内
●感染確認者数 : のべ5.683名、前日比 : +189名
●重症者 : 18名、前日比 : ±0名、重症者率 : 0.32%
●再陽性患者 : 23名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 129名、前日比 : +2名、死亡率 : 2.3%
●現在患者数 : 1.916名、前日比 : +74名
●現在入院患者数 : 集計中、前日比 : +名
●宿泊療養施設入所者 : 集計中、前日比 : +名
●治療済 : のべ3.638名、前日比 : +113名
●PCR検査数 : 1.904名
●陽性率 : 9.9%
●先週一週間との比較 : 増加(920人)
●感染経路不明割合 : 36.3%

◎札幌市
●感染確認者数 : のべ3.885名、前日比 : +124名
●重症者 : 11名、前日比 : ±0名、重症者率 : 0.28%
●再陽性患者 : 12名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 62名、前日比 : +1名、死亡率 : 1.6%
●現在患者数 : 1.319名、前日比 : +58名
●治療済 : のべ2.504名、前日比 : +66名
●PCR検査数 : 1.120名
●陽性率 : 11.1%

◎北海道・東北地区の透析患者感染確認者数
●感染者数 : 9名、前週比 : ±0名
●転帰不明 : 3名、前週比 : -2名
●死亡者 : 0名、前週比 : ±0名、死亡率 : 0%
[2020.11.13(金) 8:00現在]
◆備考
●転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
●北海道・東北地区 = 北海道、青森県、岩手県、宮城,秋田,山形,福島。

*本日の北海道内の再陽性者
いません。

*本日の北海道内の死亡者
北海道内に住む年齢・性別非公表の人物と80代男性の死亡が確認されました。

*本日の北海道内・札幌市の新規感染確認者数
新たに感染が確認されたのは、北海道189人、うち札幌市は124人です。

●感染が確認されたのは、札幌市では市内に住む112人と、居住地非公表の12人の合わせて124人、このほか道内では旭川市の6人、石狩地方の26人、空知地方の12人、胆振地方の5人、十勝地方の4人、釧路地方の4人、渡島地方の3人、オホーツク地方の3人、上川地方の1人、宗谷地方の1人の合わせて65人の計189人になりました。。

●札幌市は、札幌市豊平区の独立行政法人地域医療機能推進機構『北海道病院』の20代〜50代の医師1人、看護師4人の計5人が確認されました。札幌市では71例目のクラスターが発生しました。
●札幌市では、札幌市中央区の繁華街ススキノ地区の接待を伴う飲食店の従業員15人の感染が確認されました。札幌市では72例目のクラスターが発生しました。
●江別市の『北海道消防学校』で20代から30代の学生6人の感染が確認されました。道は112例目のクラスターが発生しました。
●千歳市では、陸上自衛隊東千歳駐屯地の10代から20代までの隊員16人の感染が確認されました。道は113例目のクラスターが発生しました。
●釧路市では、釧路市内のデイサービスセンターで、70代から90代の利用者4人と介護補助者1人の計5人の感染が確認されました。道は114例目のクラスターが発生しました。
●札幌市の札幌医科大学附属病院の20代女性医師の感染が確認されました。接触が疑われる職員2名及び入院患者8名は、今月14日に抗原定量検査を実施しており、また、軽度の接触が疑われる外来患者21名については、連絡の上、経過観察をお願いしています。なお、職場の消毒作業は実施済みです。

自身や、自身の大切な人を守るために注意事項を守って下さい。

道民の皆さんは、感染予防対策を徹底して感染しないようにしましょう。

(2020.11.16(月)19:50)
2020/11/15
新型コロナウイルス感染者状況 11月15日
集中対策期間 : 11月7日〜27日
現在の北海道は[警戒ステージ3]です。
感染者がさらに増加し、医療提供体制への負荷がより一層高まる段階です。
集団感染が数多く発生するなど、さらに医療提供体制への負荷が蓄積し、感染拡大の防止に向けて、より強い対応が必要な状況にあります。
感染状況を踏まえたより強い行動変容に対する協力を要請します。

全国的に新型コロナウイルスの感染がとても広がってきています。マスク着用、手洗いや咳エチケットを徹底し、不要不急の外出の自粛、『3密』に十分注意し感染しないようにして下さい。

透析患者さんも感染者が増えてきています。透析患者さんは、感染するとどのような症状が出るか分かりません。最悪死亡する恐れがあります。十分に気をつけ感染対策を取って感染しないようにして下さい。通院以外の外出は自粛して下さい。

*行動自粛等の要請
●感染拡大防止対策を講じてない施設への外出自粛。
●同種の集団感染が複数発生するなど、これまでの対策では、感染リスク回避が困難な業態への外出自粛。
●感染拡大地域への往来自粛。
●不要不急の外出自粛。

*特別措置法に基づく協力要請
1. 発熱やせきがあるなど、体調が悪い場合に外出を控えること。
2. 飲酒を伴う場面、仕事後や休憩時間などの感染リスクを回避する行動を実践し、高齢者、基礎疾患のある方と接する場面においてマスクの着用を意識して行動して下さい。特に、札幌市内で徹底すること。
3. 『国の接触確認アプリ(COCOA)や『国のコロナ通知システム』の積極的な活用をお願いします。
4. テレワークの推進、時差出勤のさらなる活用などに協力をお願いして下さい。

*感染リスクを高めやすい場面
1. 飲酒を伴う場面。
2. 仕事後や休憩時間。
3. 集団生活。
4. 激しい呼吸を伴う場面。
5. 野外での活動の前後。

*新北海道スタイル(北海道) プラス2
1. 今は距離を取って…。
2. 手を洗って下さい。
3. 咳エチケット。
4. 部屋の換気をしよう。
5. 3つの『密』をさけよう。
6. テイクアウトやデリバリーも…。
7. オンラインを上手に使おう。
8. いまは、小声で…。
9. 北海道コロナ感知システムと接触確認アプリ(COCOA)を活用しよう。

*新しい生活様式
●まめに手洗い・手指消毒を!
1. 家に帰ったら、まず手を洗おう。
2. 手洗いは30秒程度かけて、水と石けんで丁寧に!
●人との間隔はできるだけ空けよう!
1. できるだけ2m、最低1mは距離を取ろう!
●症状がなくてもマスクを着用しよう!
1. 外出時、屋内にいるときや会話をするときはマスクを!
●『3密』を回避しよう(密閉、密集、密接)
1. 換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面は避けよう!
●買い物は少人数ですばやく済まそう!
1. 1人または少人数ですいた時間に。
2. 計画をたてて素早く済ます。
3. レジに並ぶときは、前後にスペースを。
4. 電子決済も利用しよう!
●公共交通機関の利用
1. 会話は控えめに。
2. 混んでいる時間帯は避けて。
3. 徒歩や自転車利用も併用しよう。
●働き方の新しいスタイル
1. テレワークやローテーション勤務。
2. 時差通動でゆったりと。
3. 対面での打ち合わせは換気とマスク。
4. 在宅勤務しよう。時差出勤しよう。

*緊急性の高い13の症状
1. 顔色が明らかに悪い。
2. 唇が紫色になっている。
3. いつもと違う、様子がおかしい。
4. 息が荒くなった。
5. 急に苦しくなった。
6. 生活をしていて少し歩くと息苦しい。
7. 胸の痛みがある。
8. 横になれない。座らないと息が出来ない。
9. 肩で息をしている。
10. 突然((2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた。
11. ぼんやりとしている(反応が悪い)。
12. もうろうとしている(返事がない)。
13. 脈がとぶ。脈のリズムが乱れる感じがする。

*感染確認者数状況
◎日本
●感染確認者数 : 118.583名、前日比 : +1.134名
(クルーズ船、チャーター便帰国者 除く)
●重症者数 : 234名、前日比 : +3名、重症者率 : 0.2%
●死亡者 : 1.894名、前日比 : +6名、死亡率 : 1.74%
●治療済 : 103.064名、前日比 : +1.825名
●全感染者に対する透析患者の感染率 :0.29%

◎日本国内の透析患者の感染確認者数
●感染者数 : 311名、前週比 : +14名
●転帰不明 : 145名、前週比 : +6名
●死亡者 : 45名、前週比 : +1名、死亡率 : 14.47%
◆備考 : 転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
[2020.11.13(金)8:00 現在]

◎北海道内
●感染確認者数 : のべ5.494名、前日比 : +209名
●重症者 : 18名、前日比 : +2名、重症者率 : 0.33%
●再陽性患者 : 23名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 127名、前日比 : +3名、死亡率 : 2.31%
●現在患者数 : 1.842名、前日比 : +123名
●現在入院患者数 : 集計中、前日比 : +名
●宿泊療養施設入所者 : 集計中、前日比 : +名
●治療済 : のべ3.525名、前日比 : +83名
●PCR検査数 : 2.373名
●陽性率 : 8.8%
●先週一週間との比較 : 増加(816人)
●感染経路不明割合 : 37.0%

◎札幌市
●感染確認者数 : のべ3.768名、前日比 : +148名
●重症者 : 11名、前日比 : +1名、重症者率 : 0.29%
●再陽性患者 : 12名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 61名、前日比 : +1名、死亡率 : 1.62%
●現在患者数 : 1.261名、前日比 : +85名
●治療済 : のべ2.432名、前日比 : +62名
●PCR検査数 : 1.405名
●陽性率 : 10.5%

◎北海道・東北地区の透析患者感染確認者数
●感染者数 : 9名、前週比 : ±0名
●転帰不明 : 3名、前週比 : -2名
●死亡者 : 0名、前週比 : ±0名、死亡率 : 0%
[2020.11.13(金) 8:00現在]
◆備考
●転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
●北海道・東北地区 = 北海道、青森県、岩手県、宮城,秋田,山形,福島。

*本日の北海道内の再陽性者
いません。

*本日の北海道内の死亡者
北海道内に住む80代と年代非公表の男性2人、札幌市も80代男性の死亡を確認しています。

*本日の北海道内・札幌市の新規感染確認者数
新たに感染が確認されたのは、北海道209人、うち札幌市は148人です。

●感染が確認されたのは、札幌市は147人と、居住地が非公表の4人の148人、このほか、道内では、旭川市の11人、小樽市の1人、函館市の5人、空知地方の6人、石狩地方の12人、後志地方の1人、胆振地方の10人、日高地方の1人、渡島地方の2人、桧山地方の1人、上川地方の4人、留萌地方の1人、宗谷地方の1人、十勝地方の3人、釧路地方の2人の209人となりました。

●札幌市では、有料老人ホームで40〜90代の職員4人と入居者6人の計10人が感染が確認されました。札幌市で70例目のクラスターと認定されました。
●函館市は、市内にある店の市内の客4人と、市外の客2人の6人の感染しない確認されました。道は、107例目のクラスターと認定されました。市は濃厚接触者が把握できているとして、業種や店名を公表していません。
●道は、室蘭市の『清泉幼稚園』で園児6人と職員2人の 8人が感染が確認されました。道は、108例目のクラスターと認定しました。
●道は、釧路市の『釧路市立総合病院』で職員2人と入院患者4人の6人の感染が確認されました。道は、109例目のクラスターと認定しました。
●道によると、クラスターが発生している岩見沢市の『北海道中央労災病院』で、入院患者2人の感染が確認されました。この病院の感染者は22人になりました。
●道によると、クラスターが発生している滝川市の『滝川中央病院』で入院患者1人の感染が確認されました。この病院の感染者は14人になりました。
●北海道警察本部は、本部の施設課に勤務する20代男性事務員の感染が確認されました。
●札幌出入国在留管理局は、職員4人の感染が確認されました。さらに、勤務場所が同じだった職員が今月13日に、PCR検査を受けたところ、40代の男女2人の感染が確認、また小樽市の分室に勤務していた30代の男性職員1人も今月13日にPCR検査を行った結果、感染が確認されました。札幌出入国在留管理局の職員の感染者は9人となりました。
●札幌市東区の『札幌市立栄南中学校』で生徒1人の感染が確認されました。
●札幌市中央区のススキノの"夜の街"関連の感染者は139店502人になりました。

自身や、自身の大切な人を守るために注意事項を守って下さい。

道民の皆さんは、感染予防対策を徹底して感染しないようにしましょう。

(2020.11.15(日)19:50)
2020/11/14
新型コロナウイルス感染者状況 11月14日
集中対策期間 : 11月7日〜27日
現在の北海道は[警戒ステージ3]です。
感染者がさらに増加し、医療提供体制への負荷がより一層高まる段階です。
集団感染が数多く発生するなど、さらに医療提供体制への負荷が蓄積し、感染拡大の防止に向けて、より強い対応が必要な状況にあります。
感染状況を踏まえたより強い行動変容に対する協力を要請します。

全国的に新型コロナウイルスの感染がとても広がってきています。マスク着用、手洗いや咳エチケットを徹底し、不要不急の外出の自粛、『3密』に十分注意し感染しないようにして下さい。

透析患者さんも感染者が増えてきています。透析患者さんは、感染するとどのような症状が出るか分かりません。最悪死亡する恐れがあります。十分に気をつけ感染対策を取って感染しないようにして下さい。通院以外の外出は自粛して下さい。

*行動自粛等の要請
●感染拡大防止対策を講じてない施設への外出自粛。
●同種の集団感染が複数発生するなど、これまでの対策では、感染リスク回避が困難な業態への外出自粛。
●感染拡大地域への往来自粛。
●不要不急の外出自粛。

*特別措置法に基づく協力要請
1. 発熱やせきがあるなど、体調が悪い場合に外出を控えること。
2. 飲酒を伴う場面、仕事後や休憩時間などの感染リスクを回避する行動を実践し、高齢者、基礎疾患のある方と接する場面においてマスクの着用を意識して行動して下さい。特に、札幌市内で徹底すること。
3. 『国の接触確認アプリ(COCOA)や『国のコロナ通知システム』の積極的な活用をお願いします。
4. テレワークの推進、時差出勤のさらなる活用などに協力をお願いして下さい。

*感染リスクを高めやすい場面
1. 飲酒を伴う場面。
2. 仕事後や休憩時間。
3. 集団生活。
4. 激しい呼吸を伴う場面。
5. 野外での活動の前後。

*新北海道スタイル(北海道) プラス2
1. 今は距離を取って…。
2. 手を洗って下さい。
3. 咳エチケット。
4. 部屋の換気をしよう。
5. 3つの『密』をさけよう。
6. テイクアウトやデリバリーも…。
7. オンラインを上手に使おう。
8. いまは、小声で…。
9. 北海道コロナ感知システムと接触確認アプリ(COCOA)を活用しよう。

*新しい生活様式
●まめに手洗い・手指消毒を!
1. 家に帰ったら、まず手を洗おう。
2. 手洗いは30秒程度かけて、水と石けんで丁寧に!
●人との間隔はできるだけ空けよう!
1. できるだけ2m、最低1mは距離を取ろう!
●症状がなくてもマスクを着用しよう!
1. 外出時、屋内にいるときや会話をするときはマスクを!
●『3密』を回避しよう(密閉、密集、密接)
1. 換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面は避けよう!
●買い物は少人数ですばやく済まそう!
1. 1人または少人数ですいた時間に。
2. 計画をたてて素早く済ます。
3. レジに並ぶときは、前後にスペースを。
4. 電子決済も利用しよう!
●公共交通機関の利用
1. 会話は控えめに。
2. 混んでいる時間帯は避けて。
3. 徒歩や自転車利用も併用しよう。
●働き方の新しいスタイル
1. テレワークやローテーション勤務。
2. 時差通動でゆったりと。
3. 対面での打ち合わせは換気とマスク。
4. 在宅勤務しよう。時差出勤しよう。

*緊急性の高い13の症状
1. 顔色が明らかに悪い。
2. 唇が紫色になっている。
3. いつもと違う、様子がおかしい。
4. 息が荒くなった。
5. 急に苦しくなった。
6. 生活をしていて少し歩くと息苦しい。
7. 胸の痛みがある。
8. 横になれない。座らないと息が出来ない。
9. 肩で息をしている。
10. 突然((2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた。
11. ぼんやりとしている(反応が悪い)。
12. もうろうとしている(返事がない)。
13. 脈がとぶ。脈のリズムが乱れる感じがする。

*感染確認者数状況
◎日本
●感染確認者数 : 117.144名、前日比 : +1.729名
(クルーズ船、チャーター便帰国者 除く)
●重症者数 : 234名、前日比 : +3名、重症者率 : 0.2%
●死亡者 : 1.886名、前日比 : +2名、死亡率 : 1.61%
●治療済 : 102.006名、前日比 : +195名
●全感染者に対する透析患者の感染率 :0.3%

◎日本国内の透析患者の感染確認者数
●感染者数 : 311名、前週比 : +14名
●転帰不明 : 145名、前週比 : +6名
●死亡者 : 45名、前週比 : +1名、死亡率 : 14.47%
◆備考 : 転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
[2020.11.13(金)8:00 現在]

◎北海道内
●感染確認者数 : のべ5.285名、前日比 : +230名
●重症者 : 18名、前日比 : +2名、重症者率 : 0.34%
●再陽性患者 : 23名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 124名、前日比 : +1名、死亡率 : 2.35%
●現在患者数 : 1.719名、前日比 : +111名
●現在入院患者数 : 集計中、前日比 : +名
●宿泊療養施設入所者 : 集計中、前日比 : +名
●治療済 : のべ3.442名、前日比 : +81名
●PCR検査数 : 2.912名
●陽性率 : 7.9%
●先週一週間との比較 : 増加(732人)
●感染経路不明割合 : 36.6%

◎札幌市
●感染確認者数 : のべ3.613名、前日比 : +124名
●重症者 : 11名、前日比 : +1名、重症者率 : 0.3%
●再陽性患者 : 12名、前日比 : ±0名
●死亡者 : 60名、前日比 : ±0名、死亡率 : 1.66%
●現在患者数 : 1.176名、前日比 : +64名
●治療済 : のべ2.377名、前日比 : +60名
●PCR検査数 : 1.420名
●陽性率 : 8.7%

◎北海道・東北地区の透析患者感染確認者数
●感染者数 : 9名、前週比 : ±0名
●転帰不明 : 3名、前週比 : -2名
●死亡者 : 0名、前週比 : ±0名、死亡率 : 0%
[2020.11.13(金) 8:00現在]
◆備考
●転帰(てんき) = 疾患・怪我などの治療における症状の経過や結果をさす。治療の効果などを分析する際に重要な要素となる。
●北海道・東北地区 = 北海道、青森県、岩手県、宮城,秋田,山形,福島。

*本日の北海道内の再陽性者
いません。

*本日の北海道内の死亡者
新型コロナウイルスに感染していた、性別年代非公表の1人の死亡が確認されました。

*本日の北海道内・札幌市の新規感染確認者数
新たに感染が確認されたのは、北海道230人、うち札幌市は124人です。

●感染が確認されたのは、札幌市の116人と、居住地が非公表の8人の計124人、このほか道内では、旭川市の4人、小樽市の2人、函館市の1人、石狩地方の45人、空知地方の10人、十勝地方の13人、釧路地方の9人、胆振地方の6人、宗谷地方の5人、留萌地方の3人、渡島地方の2人、上川地方の2人、後志地方の1人、日高地方の1人、オホーツク地方の1人、それに道が確認した、札幌市の1人の計230人です。

●札幌市で、通所型の介護施設で職員と利用者の計5人の感染が確認されました。札幌市では69例目のクラスターが発生しました。

●札幌市中央区のススキノの"夜の街"関連の感染者は136店482人になりました。

自身や、自身の大切な人を守るために注意事項を守って下さい。

道民の皆さんは、感染予防対策を徹底して感染しないようにしましょう。

(2020.11.14(土)19:50)

- Topics Board -